日向でパッチ

パッチワークや日々のできごとなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ランキングに参加しています。 ポチをして頂けるとうれしいです。→ にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
人気ブログランキングへ

生きること・・・そして

今、新しいものに取り掛かっています。
随分前からの頼まれもの・・・

イメージはあったのですが、
人のものを作るのは、やっぱり気を使います。

で、途中を写真で撮ろうとしたら、
デジカメが・・・電池切れに。^^;

充電を待つ間、今日感じたことを綴りたいと思います。

パッチのおはなしではありません^^;






今日は、二人の友達とお茶をしてきました。

先日、話していて、ゆっくりと話したいね。
ということになりました。

哲学と言うような高尚な話ではないのですが、

幼い時から、自分てなんだろう・・・生きるってなに?
そしてその先にある・・・

それは、不思議すぎる疑問で、答えとなるものを見つけられないままに
大人になりました。



父は、61歳で、なくなりました。
人のいい、優しい父でしたが、病で苦しい最期でした。

例え、人が好く、悪いと思えない生き方をした人が、
どうしてこんな終わり方をしなくてはならないのか・・・

それは、怒りでもありました。

どう生きても変えられない運命なのか・・・


友達も、若いときに仲のいい友人を亡くしたことで
心に大きな穴があいた気がして・・・風が吹くと・・・

やはり、身近な人を亡くすことは、大変大きなショックを与えられることなのです。

彼女に一冊の本を渡しました。

この本に逢って、私は、命というものに向き合うことが出来るようになったからです。





一日は、朝目覚め、生活をし、、夜は眠る。
また、朝を迎える。

一年は、春夏秋冬を・・・
春に芽吹き、葉をおごらせ、秋には、実をつけ、冬は眠りの世界へ・・・
そしてまた春になれば花が咲く。

そして人間も、赤ちゃんから成人へ、そして子孫を残し旅立つ。

そして、多分・・・新たな生を受ける。


そういう考えが、私にはとても納得できたのです。


それぞれの考えがあっていいと思いますが

大宇宙の一部の人間であることは、
まちがいなく、
驕らず高ぶらずに
前向きで生きていきたいたいと思います。

いい人生だったと言えるように・・・^^






関連記事
[ 2009/09/07 00:24 ] 徒然なるままに | TB(0) | CM(0)
ランキングに参加しています。 ポチをして頂けるとうれしいです。→ にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
人気ブログランキングへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。