日向でパッチ

パッチワークや日々のできごとなどを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ランキングに参加しています。 ポチをして頂けるとうれしいです。→ にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
人気ブログランキングへ

さくらが・・・

               sakura1

この写真は、数日前で^^;
今は、5分咲きくらいになっています。
でも、ここのところ、寒さがぶり返して・・・

そんな寒さの中でも、一日一日、確実に花が開いていきます。
温度だけではなく
日照時間とかの関係もきっとあるのでしょうね。

チュリップももう少しで。



先日、田舎に帰省した時に
お墓参りもしてきました。

父が亡くなって今年で33年になります。

そういえば、母はいまの私の年で父を亡くしました。

父を思い出すとき、2つのことが浮かびます。


私の名前をつけてくれたのは父だと、母から聞きました。

私が生まれた頃に村から町になり、

「その町名をとって、私の名前にと・・・。」
畑から帰ってきた父が言ったのだと。

たばこを燻らしながら、鍬をかついで
、私の名前を決めた父が歩いている風景がうかびます。

きっと、嬉しそうな顔で、母に告げたのだろうな。
勝手な想像ですが。^^;


もう一つ、父に叱られたことがありません。

近所の、おじさんから

「たっちゃん(父)は、○○ちゃん(私)が可愛くて、目に入れても痛くないよな~」

と言われて、にこにこしていた父の顔を覚えています。

ごみが入っても痛いのに、私が入っても痛くないの~?

幼い私は不思議がりながらも、とっても愛されているんだということは
ちゃんと理解していたのです。


その父は、病で、還暦をすぎてまもなく亡くなりました。

父が亡くなったのと同じ日に

私の末娘が生まれました。

そして、若かりし父の職業に、私の長男が就きました。

不思議な思いになります。

父が亡くなってから、父はいつも私の側にいます。

TVで、「ディープ インパクト」を観ていて、父を思い出していました。





関連記事
[ 2010/03/27 12:19 ] 徒然なるままに | TB(0) | CM(4)
ランキングに参加しています。 ポチをして頂けるとうれしいです。→ にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
人気ブログランキングへ
こんにちは。
まだまだ寒い日が続きますね。。あともう少しの辛抱でしょうか?

お父様の話、素敵なお話ですね。
いつもmiwaさんのそばで見守ってらっしゃるんでしょうね。。
私も母が亡くなって15年程経ちますが、
いつも近くに居る様な気がします。
母の影響で手芸を始めたので、母には感謝!です。

[ 2010/03/27 10:17 ] [ 編集 ]
kazuyoさんへ
桜が咲く頃って、案外寒かったりしますよね~。

でも、確実に春が・・・

ありがとうございます。
父は、今から思うと、随分若くして亡くなったのだと思いますが、不思議に亡くなってからのほうが
近くに感じています。
父は、どんな風に私を見てるのかな~って。

kazuyoさんも、お母様を早く亡くされたのですね。
きっと、元気で頑張っていらっしゃるkazuyoさんに
エールを送られていると思います。v-344
[ 2010/03/27 20:56 ] [ 編集 ]
こんにちは。
本当に冬に戻ったような寒さです…
満開になる楽しみも 少し先に延びましたねi-267

お父様のお話に 私も5年前に亡くした父のことを思いました。
いつも側にいてくれますよね、私もそう思います。
何かを話しかけてくれたりね…
いつも守っていてくれていると思います。
素敵なお話 ありがとうございました。
[ 2010/03/30 10:34 ] [ 編集 ]
Re: miyukiさんへ
昨夜はこちらも、雪が舞ってました・・・^^;
桜も、なんだか咲ききれなくて、かわいそうな気にもなります。

miyukiさんのお父様も亡くなられたのですね。
親は、いつまでもいてくれそうな気がしますが
父を、亡くしたのが早かったので、
まだ誰も結婚していなくて、孫も見なかったので・・・
きっと、かわいがってくれただろうと残念な思いがします。

その分、母が頑張ってくれていて、^^
ひ孫が見たいと。(笑)
そればっかしはね~・・・v-392

[ 2010/03/30 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。